ウィンドミル投法

ウィンドミル投法

スポンサーリンク

ソフトボールのポピュラーなボールの投げ方であるウィンドミル投法についてです。

ウィンドミルとは「風車」という意味で、大きく腕を回転させて投げることから名づけられました。

ピッチャーズプレートに立ち、投球準備動作が完了したら、前足を上げながら、キャッチャーに向かって腕を振り上げます。そのまま地面と垂直に後方から回転させ、前足を大きく前に踏み出し、キャッチャーに対して半身になった状態で、ボールをリリースします。

腕を回転させる時は、肘を身体から離さないようにするとコントロールが安定しやすいです。

スピードの乗ったボールを投げるコツは、軸足でピッチャーズプレートを強く蹴り、半ばダッシュのような踏み込みを行うことと、胸を大きく張り、腕の回転速度を上げることです。

ソフトボールの球は大きいので、野球ほど速い球は投げられませんが、時速100kmを超えるボールを投げることは可能ですので、身体全体の筋力アップと正しいフォームで投げる練習をしましょう。

スポンサーリンク