スリングショット投法

スリングショット投法

スポンサーリンク

ボールを持った腕を後ろに大きく振り上げ、その反動で前方に振り戻して投げる投法です。その様がパチンコ(スリングショット)のようで、スリングショット投法と名づけられました。

まず体重を両足に均等にかけリラックスした構えをとります。ボールを持った腕をゆっくりと後方に引いていき、最高点まで引き上げたら、グラブを持つ手で反動をつけながら片足を踏み出します。大きくステップを取り、ボールを持つ手を振り下ろすと同時に、重心を落としながらボールをリリースします。

前足を踏み出した際の膝の角度は90度くらい、後ろ足は地面すれすれくらいまで重心を落とすことが大切です。

最近ではスリングショットの投げ方をするピッチャーは少なくなってきていますが、ウィンドミルのタイミングに慣れた打者に対しては有効だと思っています。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク