スライディングのコツ

スライディング

スポンサーリンク

立ったままの走塁でセカンドやサードを踏もうとすると勢いがつきすぎて、通り過ぎてしまうか、踏みとどまろうとしてスピードが落ちてしまいます。

スライディングは無駄にスピードを落とさずにベースを踏むための技術です。上達すれば相手のタッチをかわしながらベースを狙えるので必ずスライディングはできるようになりましょう。

基本のスライディングはベース手前2m付近(個人差あり)で重心を落としながら低い姿勢のまま右足を伸ばし、左足を曲げた態勢ですべりこみます。身体はやや左側向きになり、左手は自然なまま身体を支える程度にしましょう。

滑り込んだあと左手で地面を強く突き放し、すぐに身体を起こすスライディングをスタンディング・スライディングといいます。立ち上がってすぐに状況判断ができますので、送球ミスなどがあった場合、直ちに次の塁を狙えます。

またスライディングをしながら野手をかわせるフックスライディングという技術もあります。送球を待っている相手の逆側にすべりこみ片足の膝を曲げ、曲げた方の足の先でベースの角に触れるようにします。

どのスライディングを行うにせよベース前でスピードを落としてしまっては意味がありません。トップスピードから上手くベースを踏めるように飛び込むタイミングなどを練習しておきましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク