セーフティバントで塁に出る

セーフティバント

スポンサーリンク

相手の意表をつくバントで自分がランナーとなるために行うバントがセーフティバントです。

犠牲バントと違って自分でセーフを取らなければならないため、左バッターで走力の速い選手に適しているプレーです。

セーフティバントを行うことがばれないように普通のバッティングの構えで立ち、ピッチャーが投球を行うと同時にバントの動作に入ります。身体が1塁に向かって走り始めている状態でボールのインパクトを行い、全力で1塁に走りこみましょう。

このようにコンマ1秒を争うバントだけに、走る動作を行いながらバントをしなければなりません。じっくりボールを見て行うバントと違い、ボールコントロールも難しくなってしまいますので、正確にボールを転がせるようになるまで練習を繰り返しましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク