走塁の基本

走塁

スポンサーリンク

走塁とはベースランニングともいい、塁と塁の間を走ることです。

ボールを打った後は一塁へ向かって走ります。たとえ間に合いそうにない当たりでも、全力で一塁を狙うようにしましょう。こういうプレッシャーが野手の焦りを呼び、捕球ミスや送球ミスでヒットとなる可能性があります。

打球が一塁止まりの場合は一塁ベースの外側を踏んで駆け抜けるようにします。ベースを踏むまでスピードを落とさずに、そのまま数メートル先まで走り抜けましょう。

二塁が狙える当たりの場合は一塁に向かってファール側に少し膨らみ加減に走ります。一塁を踏む時は左足でベースの内側を踏むようにし、内野側に身体を倒した状態にすると無駄のない走塁になります。

上記を行うために走塁のスピードを緩めてしまっては本末転倒なので、全力で駆けつつスピードを落とさずに塁間を走れるように練習しましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク