ピッチングに関するルール

ピッチングルール

スポンサーリンク

投球は、投球準備動作、投球動作の順に行います。いくつかのルールもありますので、しっかり覚えて正しい投球ができるようになりましょう。

投球動作に入る前にピッチャーズプレートに両足とも足の裏全体をつけて立ち、投球方向を向き2〜10秒間静止します。両腕は1塁と3塁の平行線上におくようにしましょう

打者がバッターボックスから出たり、走者が塁を離れた場合は、投球準備動作を取りやめることができます。その場合は、軸足をピッチャーズプレートの後ろに外した後、もう一方の足も外します。

投球は完全静止の状態から投球動作に入ります。投球の際にはピッチャーズプレートに軸足を残したまま、片方の足を1歩踏み出します。投球の腕の回し方は、ウィンドミル・スリングショット、エイトフィギュアの3種類があります。ウィンドミルの場合、腕を回転させますが、その際2回転以上させてはいけません。

投球準備動作・投球動作中に違反があると打者に1ボール、走者に1進塁が与えられてしまいますので気をつけるようにしましょう。

また野球と違いけん制球はありません。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク