守備に関するルール

守備ルール

スポンサーリンク

・投球時には、キャッチャー以外の野手はフェアゾーン内で守備につきます。片手にはグラブをつけますが、キャッチャーとファーストはミットの使用が認められています。

・基本的にグラブ、またはミットで捕球を行いますが、グラブをはめてない方の手で捕球しても構いません。またグラブを外して打球に投げて当てたりしてはいけません。

・打球が内野のファウルゾーンに出た後、フェアゾーンに戻ってきた場合は、フェアボールの扱いになります。また塁に触れたボールがファールゾーンに入ってもフェアボールとなります。

・走者にタッチする時は、ボールを持った手かボールを持ったグラブでタッチしなければなりません。

・プレーに関係のない野手は走者の走塁を妨害してはいけません。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク