ライズボールの投げ方

ライズボールの投げ方

スポンサーリンク

ライズボールとはその名の通り、打者の手元でボールが浮き上がるボールです。野球のホップボールも浮く球と称されていますが、始点と終点の落差が少ないため浮いているように見えるんですね。しかしソフトボールのライズボールは本当に浮き上がります。

ライズボールの握り方は、一指し指と中指を大きく開き縫い目にかけて、親指をその下に添えます。

そしてボールをリリースする瞬間に手首がボールの下にある状態にし、ボールを下からすくい上げるようにスナップをかけ、バックスピンを与えます。人差し指でボールを押し出すようにリリースするとうまく回転をかけやすいです。

ライズボールが成功するとバッターには打ちごろのストレートに見えますが、スイングしてみると実際はボールの下を振ってしまったり、打ち上げてしまいます。

有効な球種ですが、手首を逆にひねらなければならないため、ひじや手首を痛める原因となることもありますので気をつけてくださいね。

スポンサーリンク