離塁とタッチアップ

離塁とタッチアップ

スポンサーリンク

ソフトボールは野球と違いリードオフ(投球の前に塁から離れる)を取ることができません。そのためソフトボールの盗塁の成功率は低くなっています。

離塁する方法としては、一塁ベースをスターティングブロック代わりに左前足に重心をかける方法や、一塁ベースの内側に立ち後ろ足をベースにかけてスタートする方法などがあります。

どのやり方をするにせよ一塁ベースを蹴ってなるべく早くトップスピードに乗ることが大切です。自分の一番やりやすい方法を試してみてください。

タッチアップとは、ノーアウトかワンアウト時にフライがキャッチされた後なら次の塁を狙うことができるルールです。タッチアップを狙う場合は、ベースに足をつけたままフライの行方を良く見ます。フライをキャッチする野手の位置や体勢から次の塁を狙えると判断した場合に、野手が捕球すると同時に次の塁を目指してスタートします。

セーフを狙えるかどうかは自分の走力と相手の肩の強さを考え、あとは経験で判断力を正確にしていきましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク