アウトコースに強くなる

アウトコースに強くなる

スポンサーリンク

アウトコースのボールはバッターから遠いため、ストライクか否かの判断がつきにくく、バットを振った場合も下半身や腰の力を伝えづらいため手の振りだけで打ってしまいがちです。このように手の力だけでバットを振ってしまうと、つまった当たりになりやすくなってしまいます。

上手く下半身と腰の力をバットに伝えるためにホームベース側に1歩踏み込み、腕が伸びた状態でボールを捉えるようにしましょう。

踏み込んだ際にバッターボックスから足が出てしまうと反則になってしまいますので、普段からどの程度のアウトコースならどれだけ踏み込めば良いか、ストライクなのかボールなのか、などを把握しておきましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク