送りバントでランナーを進める

送りバント

スポンサーリンク

セーフティバントは、自身が出塁するためのバントでしたが、送りバント(犠牲バント)は、自分がアウトになっても良い代わりに確実にランナーを進塁させるためのバントです。

送りバントの構え方は、右打者の場合、グリップの上部を左手で握り、バットの中心あたりを右手で握ります。右足を前に出し、ピッチャーに向かって身体が開いた状態になるようにし、ストライクゾーンの高さに目の高さを合わせるため腰を落とします。

始めから構えては、相手にバントだとばれるので、ピッチャーがボールをリリースするくらいでバントの構えを取るようにします。

そしてボールを良く見て、バットの先っぽあたりにコツンと当てる感じで、ボールをランナーの進塁先に送球しにくい場所を狙って転がします。

バットの目の位置をなるべく近づけ、最後までボールをよく見ることが大切です。犠牲バントとはいえ、ボールを転がした後は、全力で1塁に向かって走りましょう。守備の思わぬミスで出塁できたなんてことはよくあります。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク