外野守備に強くなる

外野守備

スポンサーリンク

外野手はフィールドの一番後ろを守る野手です。外野まで飛んでくる打球を確実に捕球・送球できなければ、長打になる可能性が高いですよね。守る範囲が広く遠投しなくてはならないので、一般的に足が速く肩の強い選手に適正があるといえます。

外野手は、内野手ほど腰を落として構える必要はありませんが、バッターと打球を良く見なければなりません。

また外野フライは風の影響を受けやすいので、風の向きと強さを把握しておくと良いでしょう。

・ランナーなし時

フライの場合は、タッチアップを気にする必要はありませんので、落ち着いて確実にボールをキャッチすることが大切です。打球を良く見てボールの落下地点を予測し、いち早く落下地点でグラブを構えます。ボールから目を離さずにグラブからボールがこぼれないように両手でしっかりとキャッチします。

ゴロの場合は、ボールを絶対に後ろにそらせていけませんので、打球の正面に回りこみしっかりと腰を落とし、両手で確実に捕球します。イレギュラーが発生しても身体で受け止められる体勢をとりましょう。

・ランナーあり時

フライの場合は、タッチアップの可能性があるので、打球落下地点の後ろ側に回り込みます。助走しながらタイミングを合わせ頭の斜め上あたりにグラブを出し、ボールをキャッチしながら送球のステップを小さめにとります。その勢いをボールに乗せ送球します。

ゴロの場合は、打球に合わせて前にダッシュし、打球から目を離さずにキャッチします。キャッチ後はグラブを引き寄せ、ダッシュの勢いを利用して送球を行います。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク