ドロップボールの投げ方

ドロップボールの投げ方

スポンサーリンク

ドロップボールは打者の手前で下に沈み込むように変化するボールです。野球でいうところのフォークボールですね。

ボールの握り方は、ストレートと同じように握り、ボールをリリースしやすいようにやや浅めに握ると良いでしょう。

投球時に若干前足のステップを小さめに踏み込み、高めの位置でボールをリリースします。その際には手の甲が2塁側を向いた状態で、手首のひねりを利かせボールに下の回転をかけるようにします。

成功するとバッターのスイングをかいくぐるように下に落ちるボールとなり、空振りや当たっても内野ゴロになりやすいです。打者にドロップボールと読まれていない限り、打ち取るのに適したボールですね。

ただキャッチャーにしても捕球しにくい球で、下手をするとパスボールしかねませんので、サインを通してバッテリーの意思の疎通はしっかりとしておきましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク