守備力を強化する

守備カバー

スポンサーリンク

バッティングやピッチングはある程度個人レベルで強化できますが、守備力を強化するには地道な練習が不可欠で、チーム全体的にレベルアップを成さなければなりません。

試合を見ていても分かるように守備力の強いチームというのは、試合展開が安定してますよね。

この守備力の強化は、初心者のうちは1球でも多くノックを受けることが重要になります。打球の正面に入り、腰を落としてしっかりと捕球しましょう。

ほとんどのノックの打球を処理できるようになったら、次は捕球⇒送球を素早くリズム良く投げられるよう練習しましょう。

ここまでの段階ができるようになったら、実際に守備位置についてのシートノックです。シートノックではノックを受けてない選手も実際の試合で動けるようにベースカバーなどつくようにします。

打球が来てないのにカバーに入るのは面倒くさいと思われるかもしれません。実際、私もそうでした。^^;

でも身体で覚えてないとなかなか試合でも動けません。ベースカバーに入るか入らないかで勝敗が決してしまうこともありますので、練習時からきっちりと動いておきましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク