カーブボールの投げ方

カーブボールの投げ方

スポンサーリンク

カーブボールは、左右に変化するボールで、キャッチャーに向かって右投手なら左に、左投手なら右に変化しながら落ちていきます。

カーブボールの握りは、通常のボールの握りより指の間隔を広めに取り、人差し指を軽く曲げる感じで、中指との開きを大きめにすると回転がかかりやすいと思います。

基本的に変化球といえど、打者にばれてしまっては意味がありませんので、通常の投球フォームと同じです。腕が自分の太ももを越えるあたりで、手首を内側にひねりながらボールをリリースします。

成功するとボールの回転から空気抵抗が変わり、右打者ならアウトコースに逃げていくボール、左打者ならインコースに食い込んでくるボールとなります。

カーブボールはボールのスピードが遅いほど良く曲がりますので、ストレートとの緩急差をつけるようにすると効果が高まります。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク