チェンジアップの投げ方

チェンジアップの投げ方

スポンサーリンク

ストレートと同じフォームで繰り出され、スピードが遅いボールがチェンジアップです。

チェンジアップは、ボールを鷲掴みにする感じで握り、そのまま手のひらで押し出すように投げます。親指と小指に軽く力を入れ、他の3本指は遊ばせておくように握ると良いでしょう。

投球の際、手の甲をバッター側に向け、リリースする瞬間に手首を起こし、手の平全体で押し出すように投げます。

チェンジアップはバッターの意表をつくためのボールですので、多用は禁物です。スピードボールとの緩急の差が、チェンジアップの効果を高めますので、配球と使いどころを考えることが重要となってきます。

チェンジアップのような遅い球を打つのなんて簡単と考えるプレイヤーもいますが、目がスピードボールに慣れた状態で投げられるチェンジアップは、完全にタイミングがずれてしまいます。

逆にチェンジアップが読まれてしまうと、単に打ちごろの球となってしまうので気をつけてください。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク