バッターボックスの立ち位置

バッターボックスの立ち位置

スポンサーリンク

バッターボックスは広めに取られてますので、打球や球種により立ち位置を考えるようにしましょう。

たとえば、バッターボックスのキャッチャー寄りに立つことにより、ストレートなどのスピードボールに対応しやすくなりますし、若干の余裕ができるためチェンジアップの見極めもしやすくなります。

バッターボックスのピッチャー寄りに立てば、スピードボールに対応しにくくなる反面、変化球などが大きく変化する前にボールを打てるという利点があります。またホームベース寄りに立てばアウトコースの球種に対応しやすいし、ホームベースから離れて立てばインコースの球種に対応しやすいです。

どの場所に立つのが一番良いということはありません。相手ピッチャーの能力、自分の得意・不得意とするコースなどを加味し、その状況に合った立ち位置を考える癖をつけるようにしましょう。

ソフトボールピッチャー育成応援パッケージ
藤原初男「伝説のソフトボールピッチャー育成法」とは?

ソフトボール強豪チーム&ピッチャー作りセット
ほとんど初心者ばかりのチームが中学校ソフトボール日本一になれたのはなぜ?

中田まりのEnjoy Softball(エンジョイ・ソフトボール)
元日本代表プレイヤー中田まりの楽しませながら育てるソフトボール指導。

スポンサーリンク